なぜ今、女がひとりで スリランカなのか?

女27歳。まわりの独身女子は、「東京タラレバ娘」とか「東京カレンダー」の年頃の男女の憂鬱を描いたコンテンツをシェアして騒いでいる。結婚の必要性、出産のリミット、30というひとつの節目の年に向けて、自分だけは負け犬(もう死語かしら?)にならないように…。

かの私は、そんな同世代女子の危惧もどこ吹く風? 28歳目前、自分自身の誕生日プレゼントと称して、勝手に遅い夏休みをとり、かつてから憧れていたスリランカのアーユルヴェーダの施設に1人で篭もるという贅沢な旅行を決行した。

続きを読む