2035年にノマドの数は10億人に!?Nomad Summit 2016リポート①

2015年にベルリンで開かれたDNX Conference(デジタルノマドカンファレンス)でノマドリストのファウンダー、ピーター・レベルは公的データを分析し、2035年にはデジタルノマドの数が10億人まで増えるだろう予測した。つまりノマドは単に目下の流行ではなく、これからさらに拡大していく変化の大事ひとつであるいうこと。彼の予測が正しければ、2035年から俯瞰する2016年という年は、新しい時代の幕開けとなるノマド史を振り返るにあたり重要な年になるはずである。2月13日土曜日のチェンマイでは”Nomad Summit”、そして3月初めにバンコクでは、”DNX Conference”が相次いで開かれ、年初めからノマドというキーワードで多くのイベントが開かれている。そんな中ノマドの聖地と呼ばれる、バリ島を代表するコーワキングスペース”Hubud”もコーワキングアジアコンファレンス(CUASIA)を開催し、”The future of the work”という大きなテーマの中にデジタルノマドが重要なテーマとして登場した。

 

続きを読む